• 06-6726-0030
  • 06-6726-0040
  • 〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町5丁目1番15号

モリイの得意分野

アルミ精密部品光学系部品

㈱モリイ製作所では、多くの光学系部品の実績から取り扱いが非常に難しいアルミ材を得意としております。

◆他の分野も豊富な実績があります

■光学機器関連部品

■医療系部品

■通信機器関連部品

■航空機器関連部品

■一般機械部品

■量産加工および多品種少量加工

■試作加工

匠の技が光る加工の数々

複合技を含めた高難度のテクニック8つ

■複合機・マシニングセンター・NC旋盤による精密部品

■光学部品などに多いズームレンズなどの同軸・同心・多軸加工

■マシニングセンターと傾斜NC円テーブルを使用した5軸加工

■薄肉パイプでの長尺加工 (実績:φ118*φ108*330Lの内外径をつなぎ目なしで加工)

■複合機・マシニングセンター・NC旋盤による精密部品

■同時加工(複合機使用)と分別加工(複合機とマシニングセンターとの併用)により効率化を図ったコスト削減に対応した加工

■上下の刃物台を利用したバランスカット(精度確保)

■外注との連帯で材料、熱処理、研磨、表面処理まで一貫して製作が可能

匠の技が生きるその訳とは

の技が生きるその訳とは

匠の技は、今では一般的に謳われる言葉です。長年培った技術は、

ベテランと称されマンツーマンで引き継がれるものです。

しかし、モリイの匠たちは、一味違います。高精度の機械や個人芸だけで養われた技ではないからです。

匠の技術を追い求めるのではなく、匠の技が生まれる環境を整えることが大切だと考えております。その秘訣とは、下記の通りです。

匠の技の秘訣とは・・・⇒頭脳を結集させ⇒工場環境を整え⇒工具を大切にし

⇒質の高い検査を行うこと

 

それらをONE TEAMで行っているのです!

だからこそモリイの複合技術はスゴイ

だからモリイの複合技術はスゴイ!

モリイの得意な分野と長年の実績で培った多くの技術をご覧いただきました。
そして、どうしたら匠たちが生まれるのかをお伝えいたしました。

モリイの複合技術は、工程を短縮できるという機械的な技術だけではありません。
精度・品質を考え工程・工法までも常に考えベストなものを選択できる目を養うこと。

困難な案件があってもONE TEAMで取り掛かることで乗り越えていけるのです。だからモリイの複合技術はスゴイ!

お客様から選ばれる理由がここのあります。

複合加工の4つのメリット

(株)モリイ製作所だからできる

- 匠の技が光る -

光学系部品は、複合加工で決まり!

複合加工のメリットとは?
4つの実績を紹介します

複合加工のメリットその1

複合加工のメリットと言えば、何といってもワンチャックで同軸・同芯・多軸・フライス加工が高精度で出来ることです。ワンチャックで加工するので高精度と共に外観の傷を嫌う光学系部品には、うってつけ!

㈱モリイ製作所において光学系部品の実績が多いのは、このメリットを最大限に活用しているからなのです。

複合加工のメリットその2

複合だけに頼らない! 何でもかんでも複合機で加工すれば最終工程まで加工が出来るので安く出来ると誰もが思いがち・・・もちろんそのような部品もありますが実は、加工内容や員数によれば途中のフライス加工は別機械(マシニングセンター)で行うほうがはるかに早いことがあるのです。

これは、㈱モリイ製作所の豊富な実績から生まれたパフォーマンスです。無駄な工程だけでなく無駄な時間を見つけ出すことでコストパフォーマンスが生まれるのです。

複合加工のメリットその3

本来、複合機に限らずNC旋盤でも長尺・薄肉パイプ加工などは、とても苦手なものです。両面から加工すると同軸の精度が落ち、段差がついたり外観もあまりいいものが出来ません。

しかし、㈱モリイ製作所では、特殊な工具を使用し、長尺でも薄肉パイプでも内・外径とも継ぎ目なしで、きれいに加工することが出来ます。お困りの方は、一度ご相談下さい。

複合加工のメリットその4

複合加工ならワンチャックで加工するので高精度・低コスト・傷も入りにくいということは、もうすでにご承知の通りです。しかし、”ワンチャック加工”が落とし穴になることもあるのはご存知でしょうか?そうです!加工歪みです。

では、加工歪みをクリアできれば完璧と言えますか?忘れてはならない条件がもうひとつあります。それは、温度による膨張です。特にアルミは、膨張係数が大きいため”ワンチャック加工”で加工を進めては、要求精度が出せません。もちろん、ワンチャックでなく工程を分けて歪みを最小限に抑えてもです。季節ごとに変わる気温、工場内の室温が異なるのが原因です。このことに気づいていない、または、考慮しない業者がほとんどではないでしょうか?

㈱モリイ製作所では、機械精度や工程管理のみに頼ることなく温度による膨張を配慮して加工することも可能です。数ある実績がここでも生かされているのです。一度、ご相談下さい

製品実績

(株)モリイ製作所において光学系部品の実績が多いのは、このメリットを最大限に活用しているからです。

よくある質問

Q:丸材の加工は、最大・最小どれくらいまで加工できますか?

A:最大 φ300×700L 最小 φ0.5×2.0L

ただし、段加工があるのか、内径の深さはどれくらいなのか、肉厚はいくらかなど形状・材質により異なります。また、他社では出来ないものでも刃物を成形することにより可能になったり、長尺薄肉でも豊富な実績がございますのでまずは、お問い合わせ下さい。

Q:角材の加工は、最大・最小どれくらいまで加工できますか?

A:最大 600×600×400ぐらいです 最小は手のひらサイズとなります。

ただし、加工形状により不可となりますのでまずは、お問い合わせ下さい。

Q:複合機の加工可能な外径と長さはどれくらいですか?

A:最大 φ300×700Lぐらいです。

一般的に複合機では、外径が大きいものや長尺のものは不向きです。しかし、弊社では、上記のサイズのもので実績が御座いますのでかなり加工範囲が広いと言えます。ただし、加工形状により不可となりますのでまずは、お問い合わせ下さい。

Q:複合加工が必要ですが少量でもお願いできますか?

A:はい、多品種・少量でも対応させて頂いております。

他社では、多品種なら高額になってしまう!少量なら引き受けてくれない!などのご不満も弊社なら解消させて頂きます。まずは、お問い合わせを・・・

Q:検査表が必要なのですが対応可能ですか?

A:対応可能です。

ただし、指定用紙や指定箇所が多い等、内容により別途請求金額が発生する場合がございますのでご了承願います。

お問い合わせ

会社名
会社名(ふりがな)
担当部署
ご担当者名
ご担当者名(ふりがな)
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
ご住所
お問い合わせ内容
添付ファイルはこちらから

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。